管理ログイン
畳店のネットワーク・タタミショップネットのlogo
タタミショップ・ネット
 メインメニュー
 畳のQ&A
 検索

高度な検索
Re: 畳Q&A_WIKI

投稿者: 畳のほりごめ  投稿日時: 2007-10-20 12:31:29

まず、ご質問にお答えします。
「日本製で」というオーダーは、可能だと考えます。
ただ、問題はどの程度までを「日本製か?」と言い始めるときりがないのも事実です。
例えば、一般的な畳床に使われている木質繊維ボードは、日本で作られてはいますが、原材料は海外製です。殆どの石油製品も、原材料まで考えると日本製ではなくなります。
例示ブログにもあるように、問題となっているのは生産地の部分ではなく「安全で・品質の高い商品」ということと、それを「保証できるかどうか?」ではないでしょうか?
私もこの問題は別ブログで少し書いてました。
http://www.horigome.co.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=77

> 添加物や使用した薬品に関しての情報はいただけるのでしょうか?

これについては、そのようなデータを提示できる商品を探す、、、という方法でしょうね。
また、残留薬品の検出データを提示できる商品もあります。

---
ちょっと気になったのですが、ブログ内の記事にも誤解の部分が多々あります。
例えば、
> 市販されてる畳のすべてに、接触毒性、発ガン性、催奇形性のある有機リン系農薬を使った防虫シートが入ってると言う

とのことですが、これは誤りです。
その昔、ワラ床が主流で公団住宅などがたくさん建てられた頃に、湿度調節があまりうまくいかずにダニの発生問題がありました。
この時代は、確かにブルーのシートが畳の中にいれられ、有機リン系の防虫紙が使われていました。ただ、この効果はおおよそ6ヶ月で半減期を迎え(効果が半分になるまでの期間が6ヶ月という事です)1年後には1/4の効果になってしまっています。この薬効が、「古畳を食べた牛が・・・」に繋がることなど有り得ません。
当時は、入居までの3?8ヶ月の間だけ薬効があれば良かったので、これでも充分なダニ対策だったのですが(もっと言えば、当時はダニ繁殖のメカニズムさえ判っていなかった)現在では、ワラを使わない畳床が主流になっており、その畳には防虫紙をいれることは殆どありません。
また、半減期が短く、人体に影響があると言われてしまった防虫紙を使うことは、現在の生活環境(密閉型多湿住空間)やには適していないので、ちょっと勉強している畳店は有機リン系の防虫紙は使っていません。

かなり間違った情報から誤解されてしまったようで残念です。
投稿する
コメント投稿に関するルールコメントは全て承認が必要
表題
アイコン
コメントurl email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough   


 [もっと...]
オプション顔アイコンを有効にする
XOOPSコードを有効にする
改行を自動挿入する
 
 近所の畳屋さん
(株)関川畳商店(茨城)
(株)高垣商店(兵庫)
乾畳装飾店(兵庫)
大川畳店(東京)
わらしべ工房(宮城)
萩たたみ店(三重)
熊木畳本店(埼玉)
鈴木畳店(新潟)
(有)井上畳店(福岡)
石黒畳店(愛知)
西田畳店(京都)
和ごころ工房ハタ(広島)
(有)関口十一畳店(東京)
熊谷たたみ店(埼玉)
鈴木畳店(神奈川)
石井製畳(京都)
畳のツノダ有限会社(愛知)
(有)園田タタミ店(鹿児島)
(有)たかぎ(岐阜)
(株)永瀬商店(宮城)
(株)畳のほりごめ(宮城)

 パートナーサイト
(株)畳のほりごめ

健康畳店会

東海機器工業


 アクセスカウンタ
今日 : 791791791
昨日 : 842842842
総計 : 2541845254184525418452541845254184525418452541845

tatami-shop.net(C)2001-2009 All Rights Reserved
このページの情報はtatami-shop.netが管理しています。
転載・紹介等の依頼はこちらまでお願いいたします。

プライバシーポリシー

Produced by 畳のほりごめ